ページ上へ

食事指導とは

食事指導に不安を覚える女性

パーソナルジムの特徴の一つ、「食事指導」について解説します。
そうです、パーソナルジムは単なるトレーニングのサポートだけでなく、食事面からの身体の改善も強力に推進してくれるのです。
しかし、その食事指導のやり方はジムによって様々です。

食事指導に対する不安

今まで勝手気ままに暴飲暴食をしてきた方にとっては特に、食事指導に対しての不安は大きいかと思います。
いきなり好きな食べ物をシャットアウトされることに対する抵抗感は、やはりあるでしょう。
いきなり180度真逆の食生活へのシフトは、たしかに始めかなりのストレスを感じます。
しかし、ダイエットによる食生活の切り替えを何度かこなしている私の経験上、つらいのは最初の3日程度です。
これは大袈裟でもなんでもなく、3日ほど我慢すれば慣れます。

むしろその後は、今まであれだけ好んで食べていた脂っこいものが、あまり食べたくなくなります。(笑)
これに慣れることができるだけでも、食事指導を受けるメリットはあると思います。
余計なカロリー、余計な脂や糖質は、確実に身体に良くないですからね。

健康はなによりも大事なものです。

他にもあるメリット

食事指導を受けるメリットは他にもあります。
最初はトレーナーの言われるがままになるかもしれませんが、最終的に健康的な食事に関する知識が身につきます。
何を・いつ・どれくらい食べるのが良いのか。
この知識はトレーニングプログラムが終わった後も一生使える掛け替えのないものとなります。

ただひたすら糖質を制限するダイエットは身体によくありません。
筋肉の組成もできず、むしろ太りやすい身体になるという大きなデメリットもあります。
ダイエットの大敵と思われがちな「糖質」とうまく向き合う食生活が学べるのも、パーソナルジムに通うメリットと言えるでしょう。

食事指導の方針

メールで食事の内容を報告する女性

次に、食事指導のやり方についてです。
これはメールやLINEを使って逐一報告させるスタイルと、それを行わずにあくまでアドバイスだけに徹するスタイルとに分かれます。

報告させるスタイル

逃げ道がないので否が応にもジム側が提唱する食生活に従うことになります。
始めは窮屈に感じるかもしれませんが、食事ごとに細かく修正や評価をもらえるので安心感があります。
特に、自分が意思の弱い人間だと自覚している方であれば、敢えてきつそうに感じるこちらのスタイルを選んでおいた方が、結果的にダイエットの成功につながる可能性が高まるでしょう。

自己判断に任せるスタイル

食事に関する指導は、トレーニング中のコミュニケーションとして行われます。
朝昼晩、トレーニング前や後に食べるべきものなど、細かくアドバイスしてくれます。
しかしそれを実行するかどうかは自分次第。
初期段階でのプレッシャーはだいぶ軽減されますが、こっそりサボれてしまうことが懸念されます。
しかし、案外サボる人はいません。それはなぜか。

まず理由の一つ目が、パーソナルジムに通うのに安くはないお金がかかっていること。
ここでサボってしまってはそのお金が無駄になってしまう、という気持ちが自然とブレーキになってくれます。
二つ目に、そこそこしんどいトレーニング。
パーソナルジムで行われる1時間弱のトレーニングはそこそこきついです。

きつい思いをして消費できるカロリーは約500kcal。
こっそりラーメンを食べたらあっという間にこの努力は水の泡と化します。
トレーニングでかいた汗を無駄にしないため、「過剰なカロリーは避けよう」という気持ちが自然と湧いてきます。

自分の性格に合ったスタイルで

自分に合ったダイエットのための食事指導

個人的には、逐一報告させるスタイルではなく、自己判断で食事を摂る方をおすすめします。
こちらに慣れておいた方が、トレーニングプログラムが終了した後も食生活を乱しにくいかと思います。
監視がなくなった途端に暴飲暴食…意思の弱い方はそうやってリバウンドしてしまいます。 どちらのスタイルにもメリット・デメリットはあります。

大事なのは、ご自身の性格にどちらがよりフィットしそうか、それを考えることです。 ダイエットに向けた具体的な食事の内容については、以下のページをご覧ください。