ページ上へ

ジム種類

ジムと言っても、今となっては様々な種類があります。
一昔前までジムと言えば単純なフィットネスジムのことを指しましたが、いまや需要に合わせて色々な形に派生しています。
それぞれのジムの形態を取り上げつつ、注目のパーソナルジムとの違いについても比較していきたいと思います。

パーソナルジム フィットネスジム 暗闇フィットネス
料金相場 20万円~30万円(2ヶ月)
払いきり
5,000円~1万円(入会時)
その後月額制
2万円~3万円(入会時)
その後月額制
メリット トレーナーのサポートにより継続しやすい
「痩せる」という目標に向かって最短距離を進める
高額だからこそ続ける意識が高まる
初期費用含め安価
自由に自分のペースで通える
トレーニングに集中しやすい特殊な環境
人目を気にせず身体を動かせる
デメリット 初期費用が高額
1人で黙々とやりたい人には向いていない
強い意志とモチベーションを維持できないと続かない
潔癖症の方には厳しい環境
安価なだけに投げ出しやすい
最低継続縛りがついていて、トータルでの出費は大きくなりがち
通う頻度、負荷のかけ方などは自分次第になる

フィットネスジム

フィットネスジムのトレーニング風景

一般的に「ジム」と言えばこれを指します。

フィットネスジムの料金体系

月額の会費を払い、ジム内のトレーニング機器やプールなどの施設を使うことができます。
会費は選ぶジムにもよりますが、月5,000円~10,000円程度で、いつでも利用OKとなっているところが多いでしょう。
値段だけ相対的に見ると他に比べて安価ですが、私個人的にはこの手のフィットネスジムは割高だと思っています。

特別な指導などがあるわけでなく、あくまで自分の意志のみでトレーニングをするわけですが、これは少し工夫すればジムに入らなくても自宅での筋トレや外のランニングで充分カバーできます。
本気でやる覚悟があればジムでなくてもできる、本気じゃなければそもそも通うことに対してのモチベーションも続かず、最終的に幽霊会員になってしまうのがオチです。

月額の設定が安すぎず高すぎず絶妙であり、月額料金を払い続けながらもまったく利用していない、という人が多いのも特徴です。
ダイエットを意識した人が最初に考える行き先であり、すでに何度か入会と退会を繰り返している人も多いのではないでしょうか?
本当に月額に見合っただけ通えていたか、再度振り返ってみましょう。

潔癖気味の方には不向き

パーソナルジムなどとは違い、一般的なフィットネスジムは男女の区分けはなく、同時に不特定多数の方が利用しています。
当然みんな汗をかくので、トレーニング機器が汚れていたりすることもあります。(最低限ふき取るようにジム側も促していますが)
そういった環境にストレスを感じる方には不向きなので、選択肢からはずしたほうがよいでしょう。

暗闇フィットネス

暗闇フィットネスのイメージ

ここ数年で急速に普及していったのが暗闇フィットネスです。
一般的なフィットネスジムにもインストラクターが指導してくれるエクササイズプログラムはありますが、どうしても人目を気にしてしまったり、初心者の方にとって敷居が高いイメージがありました。

暗闇フィットネスはそういった人目を気にしたりすることなく、誰もが思いっきり集中してエクササイズプログラムに取り組める環境を最重視したものです。ミラーボールや光の演出によって気分も高揚し、非日常的な自分だけの空間で身体を動かすことに没頭できるのです。
ボクシングの動きを取り入れた暗闇ボクササイズや、暗闇で音楽を聴きながらバイクエクササイズなど、やり方や特徴はそれぞれにあるようです。

暗闇フィットネスの料金体系

料金は入会金を含めて初回の月額はおおよそ20,000円~30,000円程度
そこに含まれる入会金はどこもだいたいが10,000円となっています。この料金で予約さえ取れば月内いつでも受講が可能となっています。
月内の利用回数に制限があるプランなら、もう少し安くなります。いずれの場合も3~6ヶ月程度の最低利用縛りがついているので、トータルでの費用は10万円を超えることもあります。

週2回以上、月10回程度通うことができればかなり割安になるイメージです。
暗闇でのエクササイズというシチュエーションは自力での再現が難しいので、そこにお金を払う価値はあるでしょう。

ただし、暗闇フィットネス自体は合う合わない人それぞれあります。入会の契約をする前に必ず体験入会をして、雰囲気が合うか、続けられそうかを慎重に考えた方が良いでしょう。
通いつづけることができるかどうかは、利用者の方の意思次第です。

パーソナルジムとの比較

マンツーマンでのトレーニング風景

パーソナルジムと上記の2種類のフィットネスジムを比較した際にポイントとなるのが「料金」と「マンツーマン」の2点となるでしょう。

料金の比較

単純に初期の持ち出し費用はパーソナルジムが圧倒的に高額です。
そして、2ヶ月間16回(おおよそどこも)というプログラムはあらかじめ決められています。
フィットネスジムや暗闇フィットネスは、月内に行く回数を増やせば一回あたりのコスパを高めることが可能ですが、目的はコスパを高めることではなく痩せる」ことであることを忘れてはいけません。

1回の受講に対する費用はパーソナルジムが10,000円を超えるのに対し、その他2つは同じく週2のペースで通ったとすれば1,000円~2,000円程度に収まります。
しかし、パーソナルジムは最短距離で、専門家による適切な指導を受けながらリバウンドしにくい身体作りを進めることができます。

判断に困るマントル上山

いくら安くても、「痩せる」という目的が達成できなければなんの意味もないどころか、ただの浪費になってしまいます。料金だけでは判断できなそうですね。

マンツーマンのメリット

パーソナルジムのトレーニングは基本的にトレーナーとのマンツーマンの個室で行われます。
そこには変に音を立てる人もいなければ、汗を飛ばす人もいません。
気が散ることなく、清潔な空間でトレーニングを行えます。

また、行くも自由、行かないも自由のフィットネスジムや暗闇フィットネスは、通うためのモチベーションの維持が難しい点が懸念されます。
入会当初はやる気に満ち溢れていた人もいつのまにか足が遠くなる、というケースが非常に多いです。
そして自身のモチベーションをコントロールできるだけの精神力を持っている方は、そもそもダイエットとは無縁であることも多いのが事実です。

それに対してパーソナルジムは、専属のトレーナーとのマンツーマンであり、メンタル面からのサポートも万全です。
トレーナーは基本的に人間味溢れる人が多く、一緒に頑張っていこう!という気持ちを引き出してくれます。
だらだらとなかなか成果が出ないフィットネスを続けるのと、2ヶ月ないし3ヶ月という短期間で高いモチベーションを維持しながら着実に成果を出していく、どちらが良いかはもはや一目瞭然かもしれません。